交流会

当事者交流会について

JISARTでは2013年から、JISARTガイドラインに沿って非配偶者間生殖医療を受けて子どもさんを授かった方々を対象とした「当事者交流会」を一年に一回開催しています。
この会は、同じ立場の方に出会い他では語れない思いを共有することによる当事者の孤立の防止、孤独感の緩和、また、専門家が関わることにより子育て支援、真実告知、出自を知る権利などに関する相互支援を目的とした会です。
将来的には、この治療や、この治療を受けたことから派生する様々な思いを語り、お互いに理解を深めることができる自助グループ(被提供者夫婦、生まれた児など)として発展的に継続していくことを目指しています。

参加者の感想

  • 同じ境遇の方とお話できて、気持ちが楽になりました。
  • とても参考になる意見が聞けました。
  • 悩んでいたことが話せてとても良かったです。
  • 悩みがあっても、人に話せば小さくなります。
  • 子どもとの接し方や、自分自身の思考に大きなヒントになりました。
  • 同じ境遇の方だけなので、悩みや想いを本音で語ることができました。
    また、自分だけでなく、他の方からの考えを聞けて参考になりました。