設立趣旨

JISARTでは、非配偶者間生殖医療でお子さんを授かられたご家族および協力されたご家族を対象に、この治療を受けたことに対して心から『良かった』と思っていただけるよう、また生まれてきたお子さんたちが『生まれてきて良かった』と思い、自分の生を誇りをもって享受できるよう、継続的な支援を行うことを目的として、2012年4月に「フォローアップ部会」という専門組織を立ち上げました。

支援内容

①予後調査によるフォローアップ(予後調査部門が担当)

②各種相談事業によるフォローアップ(相談部門が担当)

フォローアップ部会では、上記2つの支援をご用意しています。どちらも、非配偶者間生殖医療によってお子さんを授かられたご家族やその周りの方々が幸せな人生を送っていただけるようお手伝いをするために活動していきます。

①の予後調査では、この治療によって生まれたお子さんのご家族に家族関係、児の発達状態、真実告知の状況などの調査をお願いしております。調査後、ご家族へのフィードバックによる情報提供を行い、必要に応じて、相談支援へとおつなぎします。また、この調査結果について個人情報を守る形(完全匿名)で学会発表等を通して社会に公表し、非配偶者間生殖医療に対する正しい情報を広く社会やこの治療を希望する皆さんの後に続くご夫婦へ発信することで、社会的受け入れを促し、ご家族が幸せに過ごしていただけることを目指しています。

②の相談事業では、この治療でお子さんが誕生したご家族および協力されたご家族、親族などこの治療の関係者全員のあらゆる相談に対応できる体制を整えています。お子さんの発達、医療、親子・家族関係、真実告知、出自を知る権利、法律、制度等に関わる医学的、心理的、社会的問題について必要に応じて専門家の協力により、相談を承ることができます。

フォローアップ部会の活動についてもっと知る

ガイドライン

2013年11月30日にJISARTフォローアップに関するガイドラインを作成しました。

交流会
ニューズレター
開示請求支援